格安スマホの会社はたくさんあるんですが、現在au端末を使える会社は少なくなっています。

ここではまずau端末をそのまま利用できる会社は?というとこの3つの会社となっています。

  • UQモバイル
  • mineo
  • IIJmio

 

それぞれの会社の特徴、料金プランをまずは見て行きたいと思います。

UQモバイル

最近テレビCMをよくやっているのでご存知の方も多いのが「UQモバイル」です。auの子会社が運営しているということもあり、通信速度が早いと評判が高いの特徴となっています。

「同じ機種」「同じ場所」で速度の計測を続けている人が居て、常にTOP3には入り、ほとんどの場合で1位でした。

格安スマホにした場合に、料金面も大事ですが通信速度も大事な選び方の一つなので、速度面でも不安なく使いたい場合はUQモバイルがおすすめです。

また現在、UQモバイルでiPhone5Sを購入できるのでiphoneを新規購入して格安スマホを使いたい人にもおすすめです。

UQモバイルでSIMのみ購入する場合

プラン料金通信容量
高速データ通信のみ
(通信速度150Mbps)
980円/月3GB
高速データ通信
(通信速度150Mbps)
+
通話
1,680円/月3GB
データ無制限プラン
(通信速度500kbps)
1,980円/月無制限
データ無制限プラン
(通信速度500kbps)
+
音声プラン
2,680円/月無制限

UQモバイルを端末セットで購入する場合

プラン料金通信容量
おしゃべりプランS
(現在のぴったりプラン)
通常価格
⇒2,980円/月

au系列の会社からMNPの場合
⇒1,980円/月
(最大13ヶ月)
2GB
おしゃべりプランM
(現在のたっぷりプラン)
通常価格
⇒3,980円/月

au系列の会社からMNPの場合
⇒2,980円/月
(最大13ヶ月)
6GB
現在「ぴったりプラン」という名前で出されていますが、3月以降は5分以内で電話し放題がついた「おしゃべりプラン」へ変更されます。

mineo

価格.comの格安SIM部門で「満足度ランキング1位」を獲得した実績のある会社です。

通信速度テストでもUQモバイルについで速い速度を記録しており、速度面でも安心して使えます。2月から「月額800円をプラスで通信速度を優遇するサービス」=プレミアムプランも開始されるので、このサービスが開始されるとmineoがさらに快適になることが予想されます。

無料で1GBを追加できるフリータンク制度など独自のサービスも多くなっているので少しわかりにくい部分も多いといえば多いのですが、使いこなせれば便利な格安スマホとなっています。

また格安スマホに変更して操作方法、初期設定がわからない場合、全国にあるサポート店舗で初期設定サポート(1,000円)も受けられるので、安心して契約できます。

mineoの音声プラン(au)

通信容量基本料金通話料金
500MB1,310円/月基本料金:20円/30秒

オプション
30分無料:840円
60分無料:1,680円

※2017年3月から月額850円で5分以内の通話し放題オプションが開始されます。
1GB1,410円/月
3GB1,510円/月
5GB2,190円/月
10GB3,130円/月

IIJmio

  • 「個人向けSIMカードシェアNo1」
  • 「満足度総合第一位」3年連続
  • 「山手線内通信速度」1位

などの高い実績のある格安SIM会社。

他の格安スマホに、運営のためのサービスを提供していることもあり実績の高い格安スマホの会社です。

余った通信容量を利用料金から割引してくれるエコプランや、月額400円でSIMを追加してシェアして利用できるところがIIJmioの特徴となっています。

3GBのプランでも簡単にSIMを増やしてシェアできるので、家族でまとまって格安スマホに移行したい場合にはIIJmioがおすすめです。

IIJ mio 音声通話プラン

プラン名月額料金通信容量通話オプション
ミニマム1,600円3GB基本料金
⇒20円/30秒

3分以内かけ放題
⇒600円/月

5分以内かけ放題
⇒830円/月
スタンダード2,220円6GB
ファミリーシェア3,260円10GB

IIJ mio エコプラン

端末とセットで購入した時に契約できるプランです。
余った通信容量0.5GBごとに100円割引してもらえます。
エコプラン月額料金通信容量通話オプション
ミニマム1,600円3GB基本料金
⇒20円/30秒

3分以内かけ放題
⇒600円/月

5分以内かけ放題
⇒830円/月
スタンダード2,400円7GB

格安スマホ au iPhone

上記で紹介した3つの会社の場合は、auで購入したiphoneをそのまま利用できます。

iphone6などであればすでに2年以上経過している人もいるかと思うので、この段階でMNPで格安スマホに移行するのも良いかと思います。

 

もしiphoneを新規で購入して格安SIMで運用したいというのであれば方法は2つ。

  1. appleでSIMフリーiphoneを買う
  2. iphoneを扱っている格安スマホの会社にする

この2つになります。

自分のあった方法で選んでみてください。



格安スマホ おすすめ