huawei mate 9

格安スマホの端末などで有名なHuawei(ファーウェイ)の最新端末「Mate 9」。
ディスプレイサイズがiphone7plusより少し大きい5.9インチでとなっている大型サイズのスマホです。

サイズもそうですが、Mate9はファーウェイのフラッグシップモデルとなっているのでスペックも高い端末となっています。

 

そんなHuawei Mate 9に関する情報を書いていきます。

Huaei Mate 9 スペック

OSAndroid 7.0 Nougat
CPUHUAWEI Kirin 960 オクアコア
内蔵メモリ4GB
ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXCメモリーカード
サイズ高さ156.9mm
幅78.9mm
厚さ 7.9mm

重量約190g
ディスプレイ1,920×1,080ドット

5.9インチ
メインカメラ約2,000万画素モノクロセンサー
1200万画素RGBセンサー
フロントカメラ約800万画素
F1.9
バッテリ容量4,000mAh
連続待受時間300時間
Wi-FiIEEE802.11ac/b/g/n
(2.4GHz、5GHz)

Bluetooth 4.2
カラースペースグレイ
ムーンライトシルバー
シャンパンゴールド
モカブラウン
セラミックホワイト

※海外版のスペックなので国内で変わる可能性もあります。

 

スペックはかなりハイスペックな端末となっていて、特にHuawei P9でも人気の高いライカコラボのデュアルレンズが更に進化し、画質がさらに向上していると言われているのでカメラにこだわりのある人には良いかもしれません。

普通に端末としてハイスペックなので、この通りのスペックで日本でも発売されるならかなり満足した端末になるかと思います。

Huawei mate 9 価格

価格はヨーロッパでの販売価格は699ユーロ、日本円で約79,000円程度
サイズ的にほぼ同等のiphone7 plusの32GBの値段が85,800円となっていたので、iphone7plusと比較して若干Huawei Mate9の方が安いという感じでしょうか?

 

ただまだ日本での正式販売価格が判明しているわけではないので、また詳細が分かり次第追記したいと思います。

Huawei mate 9 発売日

日本でも発売されることが決定しているHuawei Mate 9ですが、いったいいつが発売なのか?ということで調べてみたのですが、現状日本での発売日は決まっていないみたいです。

中国では11月14日が発売日となっていたので、日本でも11月中、遅くても12月には発売されるのではないでしょうか?

12月16日に発売されました(・∀・)b

 

まだ発売日も決まっていないので、格安スマホの会社を見ても端末ラインナップになかいので、また発売日や発売する格安SIM会社等がわかれば書きたいと思います。

Huawei Mate 9の感想

ここまではとりあえず現状わかっている情報をまとめてみましたが、ここでは個人的に思ったMate9に対する感想を書きたいと思います。
Mate9はiphone7plusと比較してディスプレイサイズが0.4インチ大きいのですが、端末のサイズが高さ1.5cmほどMate9のほうが小さく、幅はMate7のほうが1cm程大きく、重さはほぼ変わらない程度(2gほどの差)。

 

ディスプレイサイズから思うよりは小さくいので、意外と大きさも気にならないのかな?と。

 

バッテリー容量も4,000mAhとiphone7 plusの2,900mAhと比較しても大きい容量。
しかもただバッテリー容量が多いだけではなくて、「Huawei SuperCharge」という急速充電にも対応で、わずか20分で1日分の急速充電ができてしまうらしいw(゚д゚)w

 

スマホの充電って時間もかかるし、モバイルバッテリーを持ち運ぶのも重くてめんどくさい。
20分で1日の充電ができるなら充電せずに寝てしまっても、朝起きて準備の間で一日の充電ができるというのは素晴らしいなぁと思いました。

Huawei Mate 9 まとめ

Huawei Mate 9はライカコラボのデュアルカメラなどを搭載し、高スペックな端末となっています。

現状まだ発売日は決まっていませんが、日本でも年内発売予定。
(正式日が出たらまた書きます)

発売会社もまだわかっていないので価格も現状未定ですが、海外での販売価格からすると8万円近い金額が予想されます。

残念ながら現在は詳細未定なので詳しいところはかけませんが、また分かり次第順次書いていきたいと思います!



格安スマホ おすすめ