zenfone3 laser

 

本日26日から発売開始となりました!
この端末はすでに販売されているzenfone3の廉価版(安いバージョン)です。

廉価版=劣化バージョンと思われるかもしれませんが、正直むしろこっちのほうがあっている人もいるんじゃないか?と思うくらいの性能でした。

どこが違っているのか?ということで軽くスペック比較をしてみたいと思います。

zenfone3 Laser 比較

 zenfone3zenfone3 Laser
価格39,800円27,800円
ディスプレイ5.2インチ5.5インチ
サイズ高さ:146.8mm
幅:73.9mm
奥行7.69mm
高さ:149mm
幅:76mm
奥行:7.9mm
プロセッサ8コア8コア
RAM(メモリー)3GB4GB
ストレージ32GB32GB
カメラメイン:1600万画素
フロント:800万画素
メイン:1300万画素
フロント:800万画素
バッテリー容量2,650mAh3,000mAh
重量144g150g
SIMスロット2SIM
デュアルスタンバイ可能
2SIM
デュアルスタンバイ不可

※zenfone3は格安スマホで扱われているモデル
※良い方を赤文字にしています。

比較表を見てもらったらわかるんかと思うんですが、意外とLaserのほうが優秀なところも多いんです。

これで価格的に1万円弱安くなっているので、コスパを考えるならLaserで十分なんじゃないかと思いました。

唯一Laserでできないことは「デュアルSIMスタンバイ(DSDS)」なんですが、正直普通に使う分使わない機能なのでどっちでも良いかな?という感じ。(個人的には)

 

で、他の格安スマホ端末と比較した場合にもスペック的にも申し分ないレベルなので、コスパ重視で選ぶとzenfone3 Laserは選んで満足できる端末ランキング上位に入ります(主観ですw)

zenfone3 laser 日本

日本で現在zenfone3 Laserを購入できるのは「Biglobe SIM」「UQ mobile」「Nifmo」です。

zenfone3 Laser Biglobe SIM

Biglobeで端末代金を見てみると24回払いで1,150円/月となっていました。

ただBiglobeSIMでは11月30日までにライトSプラン(データ容量6GB)以上の申込で、半年間1,200円/月の割引と端末代3,000円引きクーポンがもらえるのでzenfone3 Laser+6GBプランを半年間1,600円/月で利用できます。

現状zenfone3 Laserが一番安く購入できるのがBiglobe SIMになります。

zenfone3 Laser UQ mobile

初期費用:SIMパッケージ料金3,000円+端末代7,800円

月額料金

  • 無料通話90分+データ容量2GB:2,480円
  • 無料通話180分+データ容量6GB:3,480円

zenfone3 Laser Nifmo

Nifmoではセット価格というのではなく、端末は端末という感じの料金プランになっていたので、端末代だけを見るとこのように。

  • 端末代一括払い:26,667円+税
  • 24回払い:1,112円/月

 

ここにSIM料金がかかるので端末+SIM料金を見るとこのようになります。

  • 3GBプラン:2,712円
  • 5GBプラン3,412円
  • 10GBプラン:4,612円

この3社の中で比較して特別やすいというわけでもないようでした。

zenfone3 Laser まとめ

zenfone3laser2現在販売されている端末の中で料金とスペックを考えるとかなりコスパの良い端末になります。端末のスペックで失敗したくないけど、できるだけ安く抑えたい人にはぴったりな端末になるでしょう。

 

価格についてはどこでも大きな差額はないですが、11月30日までの申込であればBiglobe SIMで申込をするのが一番安く利用できるようになっていました。

Biglobeではyoutube見放題なプランがあったりして、動画をよく見る人にもおすすめできるSIM会社なので、zenfone3 Laserを考えていて動画もよく見るのであればNifmoで購入するのがおすすめです。

 



格安スマホ おすすめ