zte axon 7

10月21日から日本で発売されるみたいです!「AXON7」が59,800円、「AXON7 mini」が39,800円で発売されるとのこと。

 

AXON7シリーズ一番の特徴は音質へのこだわり。

 

音楽大学と提携してPROチューニングをしており、何よりも音楽用のチップには10万円〜100万円(幅広いけどw)の高級オーディオに利用されるチップを採用しているというこだわりよう。もちろんハイレゾ音源にも対応で、スマホでも高音質な音楽を聞きたい人には最高の端末になりそうです。

 

さらに、ドルビーアトモスと呼ばれる技術が採用されています。ドルビーアトモスは映画館にいるかのように音を鳴らす技術となっていて、まるで映画のそのシーンに自分がいているかのような音を体験できるようです。音質にこだわりのある端末なので、音楽が好きだったりするなら買うのもありかと思います!

 

ZTE AXON7 レビュー

まだ発売にもまだなのにレビュー?という感じですが、すでにグローバル版は販売されているので、すでに届いた!という報告もありました。

 

レビューもamazonに載っていて、かなり評価が高い様子(まだ評価数は少ないですが)。液晶、カメラも評価が高く、こだわりのある「音」に関しては感動モノという口コミが多かったです。

 

私は画像でしか見ていませんが、筐体のデザインもシンプルだけど綺麗で美しいし、これで音質に感動してしまったら買ってしまいそうですw

ZTE AXON7 スペック

ZTE AXON7

OSAndroid 6.0
CPUQualcomm Snapdragon 820 MSM8996
(クアッドコア2.15GHz)
内蔵メモリ4GB
ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXCメモリーカード
サイズ約75×7.9×151.7mm

重量約175g
ディスプレイ2,560×1,440ドット

5.5インチ アクティブマトリクス式有機EL
メインカメラ約2,000万画素
F1.8
フロントカメラ約800万画素
F2.2
バッテリ容量3,250mAh
連続待受時間300時間
FDD-LTE2100(B1)
1800(B3)
900(B8)
800(B19)
700(B28)
TDD-LTE2500(B41)
UMTS2100(B1)
800(B6)
900(B8)
800(B19)
GSM1900MHz
1800MHz
900MHz
850MHz
最大通信速度(上り/下り):50Mbps(LTE)
300Mbps(LTE)
Wi-FiIEEE802.11ac/b/g/n
(2.4GHz、5GHz)

Bluetooth 4.1
カラーイオンゴールド
クォーツグレー

ZTE AXON7 mini

OSAndroid 6.0
CPUQualcomm Snapdragon 617
MSM8952
(オクタコア 1.5GHz×4+1.2GHz×4)
内蔵メモリ3GB
ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDXCメモリーカード
サイズ約71×7.8×147.5mm

重量約153g
ディスプレイ1,920×1,080ドット
5.2インチ アクティブマトリクス式有機EL
メインカメラ約1,600万画素
F1.9
フロントカメラ約800万画素
F2.2
バッテリ容量2,700mAh
連続待受時間300時間
FDD-LTE2100(B1)
1800(B3)
900(B8)
800(B19)
700(B28)
TDD-LTE2500(B41)
UMTS2100(B1)
800(B6)
900(B8)
800(B19)
GSM1900MHz
1800MHz
900MHz
850MHz
最大通信速度(上り/下り):50Mbps(LTE)
300Mbps(LTE)
Wi-FiIEEE802.11ac/b/g/n
(2.4GHz、5GHz)

Bluetooth 4.1
カラーイオンゴールド
クォーツグレー

 

とりあえずスペック的にも問題なく使えてスペック的にも問題ない端末かと思います。

かなり音質にもこだわっていてスマホでそこまでするのも・・・とは思ったものの、良い使い方を思いつきました。最近校閲ガールでも出ていて、過去にも少し話題となったダンボール映画館w

↓↓↓

 


ひとり映画館

今までのスマホでも意外と楽しいと言われていたりするので、これにAXON7のドルビーアトモスの立体的な高音質を加えると

 

最高です(・∀・)b



格安スマホ おすすめ